音楽を始めるのならピアノが最初はいいものです

音楽を始めるのでしたら、できるだけ子供のうちからピアノを学ぶことがいいです。子供のうちは楽譜を読むことにも簡単に慣れることができますし、ピアノが弾けると他の楽器に興味が出てきたりするので、まずはピアノから始めるのがいいでしょう。
音楽学校に行くには基礎的にピアノが弾けることが必要ですし、どんな楽器を専攻するにしても、基礎的にピアノが弾けることが大事です。
ピアノを弾くには楽譜が読めなければなりません。絶対音感がある人は音を聞いただけで、その音を再現することができるのですが、基本的には楽譜が読めることが音楽の基礎です。
ピアノを弾くには爪を短くカットしておく必要があって、毎日練習しなければ、指がうまく動かなくなってしまうので、毎日の練習が必要です。音楽学校に進学するにはピアノのテストがありますから、ピアノは基礎的に演奏するのが必要なものです。
バイオリンやチェロなどの弦楽器を弾くためにも、まずはピアノを弾けるようになることが大事で、基礎的なことはすべてピアノにあると言ってもいいでしょう。
作曲するためにもピアノを使って作曲する人が多いのも、基礎的なものがピアノにあるからで、ピアノが弾けたらとてもいいです。